エンジンオイルのグレード

エンジンオイルにはいろんなグレードがあります。カーショップやホームセンターをちょっとのぞいてみるとエンジンオイルが並んでいますよね。エンジンオイルのグレード以前に、あんな箱は関係ないと思っている人、安いものを入れるだけという人、エンジンオイルは最高級がいいに決まってるという人も一度このサイトを見てエンジンオイルのグレードについて勉強してみましょう。

エンジンオイルのグレードの記号のランク

エンジンオイルにもグレードがあり、上級グレードになるほど高品質・高価になります。このエンジンオイルのグレードはAPIという規格で表示されており、耐久性や環境性などの品質によってランク分けがされています。
ちなみにエンジンオイルのグレードは、「SG」→「SH」→「SJ」・・・「SM(高級)」となっています。「S」はガソリン車用の意味で、「S」の右にくる記号のアルファベットが進むにつれて、高級グレードという事です。
ディーゼル車用は「C」となり、現在の所「CF-4」が最高級となります。

エンジンオイルのグレード区分と特徴【ガソリン】

エンジンオイルのグレード区分と特徴についてここではみていきます。分かっているようで分かりにくく、覚えにくいものですよね。まずはガソリン車のエンジンオイルのグレードです。

SA
無添加純鉱物油。添加油を必要としない軽度の運転条件のエンジン用。現在の自動車エンジンには適しません。
SB
添加油を若干使用し、スカッフィングの防止性、酸化安定性、腐食防止性を備えています。
SC
1964~1967年の乗用車、トラックのガソリン用で、高温・低温沈殿物防止性、磨耗防止性、サビ止め性、腐食防止性を備えています。
SD
ブローバイガス還元装置を取りつけた1968年以降の乗用車・トラック用。磨耗防 止性などSCクラス以上です。
SE
1971年以降の一部乗用車、トラック用。酸化、高温沈殿物、サビ、腐食防止がSDよりも高性能。
SF
1980年以降の乗用車、トラック用。酸化安定性、耐磨耗性の向上を図り、バルブ機構の磨耗防止を主眼としたもの。
SG
1988年に制定され、耐磨耗性・耐スラッジ性を高めたもので、SFよりも過酷な条件に耐えられます。
SH
1993年に企画されたもの。省燃費性能、低オイル消費、低温始 動性、高温耐久性が向上されています。
SJ
1996年以降のガソリン車に適用。SHの最低性能機能を上回る性能を有し、ILSAC/GF-2などエンジンメーカー規格のシークエンス試験要求性能に合致しています。
SL
2001年以降のガソリン車に適用。高温時のオイルの耐久性能、清浄性能、酸化安定性を向上している。厳しい環境対策規格に対応しています。

ようするに、SJ以上を使うのが望ましいということでしょうか。売っているのもそれくらいのものですけどね。

エンジンオイルのグレード区分と特徴【ディーゼル】

次にディーゼル車のエンジンオイルのグレード区分と特徴についてみていきます。

CA
軽度なディーゼルおよびガソリンエンジン用。腐食防止、清浄分散剤が添加されたものです。
CB
軽度から中程度条件のディーゼル用オイル。
CC
過酷な運転条件下の過給機つきディーゼルエンジン、高負荷ガソリンエンジン用。とくに低温スラッジの堆積防止にすぐれています。
CD
高速高出力で運転されるディーゼルエンジン用。
CE
1983年以降の過給ディーゼルエンジン用。CDよりオイル消費性能、スラッジ分散性能が向上されています。
CF
建設用機械および農業用機械などのオフハイウェイディーゼルエンジン用。CDに代わるものとして性能向上させたもの。
CF-4
大型トラックなど最も過酷な条件で運転されるディーゼルエンジン用。CEより性能が向上しています。

よくみるのはCFでしょうか。私もCFを使用しています。

エンジンオイルのグレード「SM」について

先にエンジンオイルのグレードで最高級は「SL」と書きましたが、「SM」グレードのエンジンオイルが出回っているのを皆さんご存知でしょうか?

オイルも日々進化しています。
最近街中で見掛ける車の多くに「低排出ガス」の認定ラベルを貼ったモノが多いと思います。★の数が多く記載されているほど排ガス低減率が高かったり「超」「優」「良」のランク分けがなされているというやつです。いうまでもなく、そういう車はエンジン自体もかなりハイメカになってきています。
どういう車に対応するために新しいエンジンオイルのグレードバリエーションも開発が進められてきているというわけです。
アルファベットが進むほど高品質になってゆくのですが、現時点でエンジンオイルのグレードの頂点に君臨するのが「SM」グレードというわけです。